調剤事務に通信講座で資格に挑戦する方法

調剤事務に通信講座

調剤事務は女性に人気の資格です。

最近では通信講座で調剤事務を取得する方が増えてきました。

ここでは通信講座で調剤事務を取得するメリットやデメリットについて見ていきたいと思います。

調剤事務は通信講座のみで受験に挑める

医療や福祉関係の資格は実務実習などが必要になるものも多いですが、調剤事務は実習を受ける必要がないので、通信講座のみで合格を目指せます。

仕事や子育てなどで、なかなか思った時間に外出できない主婦の方などにもオススメですよ。

通信講座のメリット

通信講座を利用するメリットとしては、1つ目に「ペース配分までしっかりと管理してもらえる」ということが挙げられます。

独学で勉強するとなると、どうしてもその日の気分によって勉強したりしなかったり。

その点通信講座を利用すれば、無理のない範囲で1日の勉強時間もしっかりと設定してもらえるのでオススメです。

また2つ目のメリットに、調剤事務のプロに質問ができるということがあります。

メールやファックスなどで、ちょっとした疑問を質問できてしまうのも通信講座の大きなメリットですので、活用しない手はないですね。

通信講座のデメリット

通信講座のデメリットとしては、独学よりは良いものの、基本は1人で勉強しなくてはならないことが挙げられます。

スクール通学する場合などは仲間同士で刺激し合えますよね。

2つ目のデメリットとしては、ある程度の費用がかかるということ。

独学だと何冊か参考書や問題集を買うだけで済みそうですが、通信講座だと3~4万円くらいの出費は覚悟しておく必要があります。

独学での取得も可能

調剤事務には受験資格が要らないので、独学での受験も可能です。

独学での勉強は、通信教育などにくらべると費用が安く済みますが、独学で合格するためにはテキスト選びやモチベーションを長く保つ努力も必要になってきます。

ですので飽きっぽい性格の方は、思いきって始めから通信講座などに申し込んでしまえば、試験までモチベーションを保ちやすいですよ。

こちらに、調剤事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る