調剤事務に学歴って関係ある?

調剤事務に学歴

調剤事務の資格を取りたい方にとっては、学歴も気になるところですね。

ここでは調剤事務と学歴の関係について見ていきたいと思います。

調剤事務の資格を取るには学歴は不要

調剤事務の資格に受験資格などは必要ありません。

中卒の方でも高齢の方であっても、どなたでも受験できるということです。

なにかを学びたい、調剤事務の仕事をしたいから勉強しておきたいというかたにはオススメの資格です。

就職に有利かどうかはわからない

調剤事務の資格と言っても、調剤事務に就職する際に有利に働くかどうかは別問題。

いちばん優遇されるのは実務経験者で、実務経験が合った上で資格ももっていれば、多少は評価があがるといった程度です。

まったくの未経験者が調剤事務の資格を持っていても、就職に結びつくとは言い切れませんので注意が必要です。

就職面接の際に「絶対調剤事務になりたい」という意思表示くらいにはなるでしょう。

仕事では「高卒以上」が多い

調剤薬局などで仕事をする場合、資格よりも「高卒以上」などといったことが重視されます。

また学歴以外にも長時間の仕事ができるか、土日祝日も働けるかなど、色んな条件をクリアしなければなりません。

一番良いのはやはり過去の経験で、ドラッグストアや薬の販売員の仕事をしていたなどといった経験も重視されます。

若さも採用の基準に

調剤事務として働くには、「若さ」も採用の基準になってきます。

女性ではやはり20代や30代が採用されやすいようです。

受付など人と関わる仕事には「イメージ」も大切ですが……少し悲しい現実ですね。

やはり50代で仕事を始めたいというような方は、パートやアルバイトでも難しい場合があるかもしれません。

以上調剤事務のの学歴についてみてきましたが、やはり「資格よりも経験が重視される」という現実。

調剤事務の資格は難関でもないので、趣味や少し勉強しておきたいくらいの気持ちで受験されたほうが良いように思います。

ただ、調剤事務の資格は現在人気が急上昇してきており、今後この資格の認知度が上がるにつれ、調剤事務資格の必要性が認識されるようになってくるかもしれません。

また、受験する際は通信講座などを利用すると、効率よく合格まで導いてくれますよ。

こちらに、調剤事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る