調剤事務のやりがいを知っておこう

調剤事務やりがい

調剤事務は、働きやすさが女性に人気の資格です。

タレントさんが試験を受けたことでも話題となり、調剤事務の話題を一時よく耳にしましたよね。

調剤事務は、調剤薬局で事務全般を請け負う仕事です。

最近では病院などで薬を処方せず、「院外処方」という形で、薬局で薬を処方するケースが多くなっています。

薬剤師の仕事が増えてしまうわけですが、その薬剤師の人数が少ないために、補佐する意味で作られた資格が、調剤事務なのです。

薬を調剤することはできませんが、事務的な計算や患者さんとのやり取りなどが主な仕事になります。

そして、調剤事務の大きなやりがいとして、患者さんとの信頼関係が生まれることが上げられます。

調剤事務は、調剤報酬の計算(計算はコンピューターがやってくれるので入力業務が主)をしますが、それに間違いがあると、患者さんが支払う金額が違ってしまい、迷惑がかかります。

そういった計算ミスがなく、的確な仕事をした結果が、患者さんとの信頼関係につながります。

患者さんとのやり取りで「あなたに任せておけば安心」といわれることが、何よりのやりがいとなっているという、現役の調剤事務の仕事をしている人から聞いたことがあります。

調剤事務の仕事をしている人は、処方箋薬局の受付もこなさなければいけません。

受付ということは、薬をもらいにくる患者さんとのやり取りをするわけです。

具合が悪くて薬をもらいにきた人に、安心感を与えるのがとても大切ですよね。

患者さんから「ありがとう」といわれることも大きなやりがいの一つです。

さらに、調剤事務は、薬剤師ではありませんが、薬の知識も身につきます。

処方箋にかかれた薬を、薬剤師が調剤して、それを患者さんに説明するのが調剤事務の仕事です。

薬の効き目や副作用、体調の具合を確認して患者さんに薬を渡します。

次に来店したときには、前回の薬の調子を確認することも出てきます。

薬の知識を働きながら覚えられるのは、新しい知識がどんどん増えますから、やりがいがありますよね。

こちらに、調剤事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る