調剤事務の合格率について

調剤事務の合格率

調剤事務の合格率は、意外に高いことをご存知でしょうか。

調剤と聞くと、なんとなく難しいというイメージがありますが、ここ数年の試験結果によると、約50%とのことですから、受験した2人に1人は合格していることになります。

調剤事務の資格試験が始まったころは、40%前半の合格率でしたから、皆さん一生懸命勉強している証拠なのでしょうね。

そして調剤事務の試験を受ける人も年々増加してきているので、人気の高さもうかがうことができます。

通信教育などの講座では、調剤事務を「調剤薬局事務」と呼んでいるところもありますが、どちらも同じ資格のことです。

また、調剤事務の試験を、AKBの横山由依さんが受けたことも、資格の知名度が上がった理由かもしれません。

有名なタレントさんが挑戦した資格ということで、一時話題にもなりましたよね。

通信教育で勉強されて、無事に合格できたようですが。もちろんタレントさんでも合格できるから、合格率が低いということではありませんよ。

考え方によっては、友人と2人で試験を受けても、両方が合格する確立よりも、どちらが不合格になるということですから、「何もしなくても合格できる」ということではないと心しておきたいものですね。

そして、調剤事務の合格率が高いのは「勉強しやすさ」も関係しているかもしれません。

調剤事務の勉強する範囲は、きっちり決められているので、ほかの資格のように「テキスト全部が試験範囲」で、全部頭に入れなければならないわけではないのです。

調剤事務の仕事をするにあたっての知識として、テキストを活用して勉強しますが、試験の出題範囲はあらかじめ決められているので、「ここをきちんと勉強しておけば大丈夫」という保障があるのです。

試験も在宅で可能ですし、その試験でもテキストを使いながらですから、丸暗記が必要ない分、勉強しやすいといえるでしょう。

それが結果として、調剤事務の合格率につながっているのではないでしょうか。

こちらに、調剤事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る