調剤事務の勉強や試験をしっかりと対策する

調剤事務の勉強

調剤事務は、薬の名前を覚えたり専門的な計算をしなければならないので、資格を取るための勉強や試験は難しいのでは?

というイメージがあります。

確かに、薬の専門家としての国家資格である「薬剤師」の資格は、かなり難しいですし試験の難易度も高いです。

その薬剤師の補佐的な役割をこなす調剤事務は、もしかしてかなり難しいのでは・・・

と思う気持ちもわかります。

ですが、安心してください。

調剤事務の勉強や試験は、専門的な知識が得られる資格のわりに、比較的取得しやすいといわれています。

実際にここ数年の調剤事務試験の合格率を見ても、平均して50%以上ですから、資格試験の中では易しい部類に入ります。

受験者も毎年増えてきているのですが、その分合格者も多くなってきているので、2人に1人は合格できるようですね。

調剤事務の試験は、在宅で受けることが可能です。

これは、調剤事務の仕事が、テキストに沿って計算を的確に行なうことがポイントなので、自宅でテキストを用いながら受験できるのです。

計算間違いなどがあると、それが減点されて不合格となってしまうので、テキストをしっかり勉強できれば資格を手にすることができるのです。

また、調剤事務の勉強は、専門のテキストを使って行ない、それで試験を受けるので、「勉強する範囲」があらかじめ決められています。

ここをきっちり勉強すればいい、ということがわかっているので、テキストを丸暗記する必要がありません。

調剤事務は数字の計算が仕事になっていますが、実際の仕事でも資料を見ながら計算または入力します。

試験でも同じようにテキストを見ながら書類を作るので、「自分のやるべきこと」がはっきりしている分、勉強もやり安いです。

勉強しやすく合格率も高いので、調剤事務は人気があるわけですよね。

「調剤」という言葉に迷っていては、せっかくの勉強できるタイミングを逃してしまいますから、興味がある人は検討してはいかがでしょうか。

こちらに、調剤事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る