調剤事務に受かる勉強方法のコツ

調剤事務の勉強方法

調剤事務の資格所得を目指しているアナタ。

ですが独学のかたは特に、どうやって勉強して良いのやら迷ってしまいますよね。

ここでは調剤事務に受かる勉強方法を考えてみたいと思います。

まずは合格率をチェックしてみましょう

調剤事務の合格率は60%前後。

この数字だけ見るとそれほど難しい試験ではないように思えます。

テキストを読んで問題集などをしっかりやっていれば、恐れることはないでしょう。

勉強時間を確保しましょう

調剤事務に受かるためには、まずは勉強時間を確保する必要があります。

仕事をしている方は朝早く起きて勉強したり、寝る前に勉強したり。

また通勤電車のなかでも勉強できるように、コンパクトな一問一答集なども持っておきたいところ。

スキマ時間をうまく活用すれば、まとまった勉強時間が確保できなくても合格は可能です。

試験まで150時間程度は勉強時間を確保しておきたいところですね。

同じ問題集を何回も解く

ついつい色んな問題集に手をつけてしまいたくなりますが、テキストや問題集、過去問などはそれぞれ1冊に絞りましょう。

あれこれやっているとなかなか理解が進みませんし、勉強時間もムダに多くなってしまいます。

通信講座を利用する

「調剤事務は初めてだし勉強方法もわからない……」という方は通信講座を利用することをオススメします。

通信講座は合格に必要なテキストや問題集などを選ぶ必要がないので、あなたは勉強するだけ。

ちょっとした質問にもプロの方が答えてくれるので、安心して試験に挑戦できますよ。

スクールに通学する

スクールに通学して調剤事務を勉強するという方法もありますね。

調剤事務のスクールの中には、1週間以内で講義を修了することができる所もありますので、自分のライフスタイルに合ったスクールを選びましょう。

ただ調剤事務の講義があるスクールの数は、どうしても都市部の方が多くなりがち。

近くに調剤事務のスクールがない場合は、通信講座を利用して勉強すると良いですね。

こちらに、調剤事務を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る