チャイルドマインダーのやりがいとは

チャイルドマインダーのやりがい

チャイルドマインダーのやりがい、それは少人数で手厚い保育ができること、子供との信頼関係ができることではないでしょうか。

保育園などでは、数多くの園児たちがいて、保育士さんたちは毎日多くの園児のお世話をしなければなりません。

いろいろな行事もあれば、保護者とのやりとり、子供たちともっと親密に関わりたいと思っても、なかなか難しいのが現状でしょう。

私の知り合いにも保育士の仕事をしている人が多いですが、子供たち一人ひとりに目を配ることがすごく難しいといっていました。確かにそうかもしれませんね。

チャイルドマインダーは、1~4名の子供(0~12歳まで)を、自宅や保育場所で預かり、保育を行ないます。

保育園とは違い、一日中子供預かることもあれば、希望する時間帯で預かることもできるので、自分の都合に合わせて保育をすることができるのです。

預かる子供の人数が少ないと、子供が慣れる時間も短くなります。

チャイルドマインダーの仕事をしている人の多くが「最初は泣いていた子供が、自分を見てにっこり微笑んでくれることが何より嬉しい」「子供と密接な時間を過ごすことができる」など、大きなやりがいを感じています。確かに、少人数保育であれば、子供との信頼関係を築くことができるでしょう。

また、チャイルドマインダーの資格を取る人の中には、保育士の資格を持っている人もいます。

保育士の時に勉強できなかったことや少人数の保育について、新たな知識を持つことができた、子供への接し方を再認識したという意見も多いです。

実際の専門家が勉強するというチャイルドマインダーは、新たな保育について考える良いきっかけなのかもしれません。

自分がしたかった保育はこれだ!という保育士さんもいて、今まで以上に仕事に関してやりがいを持つことができているようですね。

保育士のハードルは高いですが、少人数保育の専門家であるチャイルドマインダーなら、チャレンジできる人も多いことでしょう。

こちらに、チャイルドマインダ―を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る