チャイルドマインダーに年齢は関係ある?

チャイルドマインダーに年齢

子供に関わる仕事がしたいけど、もう歳だし……と諦めてはいませんか?

たしかに若いほうが体力もありますし、長く仕事を続けていける可能性もあります。

でも本当に若いのが良いのでしょうか?

ここではチャイルドマインダーと年齢の関係について見ていきたいと思います。

年齢は関係ない。自分に合った働き方をしよう

チャイルドマインダーの資格を取得する方のなかには、40代~60代のかたも多いです。

チャイルドマインダーの仕事は、なにも保育をするだけではありません。

子供を持つお母さんの相談を聞いてあげたりするのも立派な仕事。

若い方ではわからないようなことも、年令を重ねて多くの経験があるチャイルドマインダーさんがいれば、心強いですね。

子育て後にチャイルドマインダーを目指す

子育てが一段落して、その子育てのスキルを仕事に活かしたいと思う方が増えてきています。

チャイルドマインダーもその1つ。

20代の若い保育士などでは到底叶わないような経験を活かして保育を行うことができるのです。

チャイルドマインダーに保育を依頼する方の中には、ある程度の人生経験がある方のほうが安心できるというかたもいるくらいです。

保育士からチャイルドマインダーへ

チャイルドマインダーの資格を取得する方の中には、30代まで保育士として働いていた方もいます。

保育士の仕事はどうしても大人数の保育を同時に行わなくてはならないため、一人ひとりの保育にかける時間が少なくなってしまいます。

そんな現状に満足ができず、チャイルドマインダーの資格を取得して独立したいというかたも。

保育士では難しい、子供の個性を重視した保育が可能なのもチャイルドマインダーの魅力といえるでしょう。

学生のアルバイトとしてチャイルドマインダーを取得

欧米などでは学生がアルバイトでベビーシッターをするということが一般的ですよね。

大学生くらいでチャイルドマインダーも資格を持っている人が身近にいれば、ちょっとしたときに子供の面倒を見てもらえます。

そんなアルバイトとしても働き方もあるんです。

一般大学に通っているけど子供と関わる仕事もしたいという方には、チャイルドマインダーはオススメです。

チャイルドマインダーの資格を取得しておけば、自分が子育てをする際にも大いに役立ってくれますよ。

こちらに、チャイルドマインダ―を通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る