チャイルドカウンセラーになるにはの答えがここにあります

chico3

チャイルドカウンセラーとは、文字通り子供の心理的な部分をサポートする仕事で、なるためにはある程度の専門知識を身につけることが必要です。

とはいっても、実際に「チャイルドカウンセラー」という資格は存在しません。

チャイルドカウンセラーという名称はあるのですが、国家資格ではなく、民間資格のため、資格がなくてもチャイルドカウンセラーになることはできるのです。

ですが、子供の心理的なサポートというのは、経験や知識が無ければかなり難しいといえます。

特に最近では、学校でのいじめや不登校、暴力など問題が複雑でかつ深刻なものが増えてきています。

保護者との関係が難しい家庭もありますね。学校の問題は教師、家庭は保護者というのが当たり前と感じるかもしれませんが、それができないのが現状です。

チャイルドカウンセラーは、そんな環境にある子供や保護者に接し、問題を解決に導く、今だからこそ必要とされている仕事なのかもしれません。

チャイルドカウンセラーになるための資格は限定されていませんが、身につけておきたい知識はたくさんあります。

学校で抱えている問題の把握や、子供の悩みを聴きだす技術、家族との連携技術など、これらの知識は必須と言ってもいいでしょう。

また、小学校などで専門的にカウンセリングの仕事をしようと考えているのであれば、チャイルドカウンセラーの資格だけではなることができません。

臨床心理士や精神科の医師、大学の心理学教員などが条件となります。ここまでくるとかなり専門的ですよね。

もちろんそこまで勉強するのは難しいのですが、民間でチャイルドカウンセラーの資格を取得できる団体で講習を受けると、そこでチャイルドカウンセラーの認定証がもらえます。

参考書などを購入し、独学でも大丈夫ですが、認定証を手に入れるには、通信教育や通学で勉強し認定試験を受けることが必要となりますから、まずはどこで試験を実施しているか調べてみるといいですね。

こちらに、チャイルドカウンセラーを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る