ケアマネージャーになるにはの道筋を知っておこう

mane3

ケアマネージャーは、正式名称を「介護支援専門員」といいますが、このケアマネージャーになるにはどうすればいいのでしょうか。

ケアマネージャーというのは、介護に関する専門職です。

高齢者が病気や怪我が原因で、介護が必要な状態になってしまった時に、介護保険で利用できるサービスなどの計画を立てたり、相談にのったりすることが主な仕事です。

介護が必要な人やその家族にとっては、効率よく介護保険を利用するための心強い味方だといえるでしょう。

そして、このケアマネージャーは、介護福祉士と同様、国家資格ですから、なるためには国家試験を受けて合格しなければいけません。

試験の難易度は、介護福祉士よりも高いですし、勉強する内容もかなり多いです。

また、ケアマネージャーは国家資格であることから、試験を受けるための受験資格も、一定の条件を満たしていなければ受けることはできません。

毛マネージャーになるために、仕事内容などを知るよりも、まず受験資格に関して把握しておかなければいけませんね。

受験資格は、医療や福祉関係の国家資格(医師や看護師、理学療法士や介護福祉士など)を持っていて、その実務経験が5年以上あること、もしくは資格はないものの現場での実務経験が、5~10年以上ある場合が当てはまります。

ただし、最近ではケアマネージャーの資質向上のために、実務経験のみの受験を見直そうという動きが出てきています。

これからケアマネージャーになるために勉強をはじめようとする人は、こうした受験資格の変更点にも注意したいものです。

おそらく、今後は、何らかの国家資格を持っていないと、ケアマネージャーになることは難しいでしょう。

いきなりケアマネージャーになる!というのではなく、その準備段階としての国家資格(介護福祉士)などを取得することが先決かもしれません。

ケアマネージャーになって、介護の仕事をしたいという人は、受験資格を満たすための行動をできるだけ早く起こすことが重要といえるでしょう。

こちらに、 ケアマネジャーを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る