アクティビティインストラクターとは何かその価値に迫る

act2

最近耳にすることが多くなった「アクティビティインストラクター」とは、どんなことをするのでしょうか。

アクティビティインストラクターとは、主に高齢者の生活の質「QOL]を高めるために活躍できる資格です。

もっとわかりやすく言えば、高齢者が生きがいや活気を持てる生活のお手伝いをする仕事の事を指します。

アクティビティインストラクターは、高齢者の心を豊かにしてくれると評判なのです。

アクティビティとは、「活気」「元気「生きがい」などの意味を持っています。

若いころとは違い、歳を重ねてくると、何かをするのが億劫になったり疲れやすかったりと、どうしても消極的になりがちです。

生き生きと生活することが一番の健康法なのですが、それができていないと体調を崩すことが増えてしまい、病気にもかかりやすくなります。

歳をとることで体の不調が出るのは事実ですが、その多くに「気持ちの問題」も絡んでいるのです。

「病は気から」という言葉があるように、生活に張り合いがないと、どうしても体調を崩しやすくなります。

アクティビティインストラクターがそんな高齢者を元気付けることで、その人がその人らしい生活を送ることができます。

アクティビティインストラクターは民間資格で、勉強する時間は短いですが。

専門知識として身につけておくと、仕事にも活かすことが多いと、介護現場の職員からも注目されています。

アクティビティインストラクターは、レクリエーションの専門家とは少し違います。

レクリエーションは運動や趣味を生かして元気になってもらうための手段ですが、アクティビティインストラクターは、そのレクリエーションを含めた、その人の全て=生活を元気にする資格です。

介護が必要な高齢者が多くなればなるほど、このアクティビティインストラクターの需要は、高くなると予想されているのです。

研修を行なっている団体によっては、段階を踏んで様々な専門的な知識を勉強できるところもありますから、興味がある人は調べてみてはいかがでしょうか。

こちらに、アクティビティインストラクターを通信教育や通学コースで学べる講座を無料で資料請求できるコーナーを設けておきます。

ご自身のお住まいを選択して、色々なスクールの資料を取り寄せてみてください。

土日開校や夜間コースを設けているところもあります。

資料請求したからといっても、勧誘の電話などはかかってこないので安心です。

自分に適した学習方法を選んでみてください。

詳しくは、以下の画像をクリックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る