1. tra2

    メンタルケアトレーニング

    メンタルケアトレーニングとは何か?その重要性を知る

  2. チャイルドマインダーをヒューマンアカデミー

    チャイルドマインダー

    チャイルドマインダーをヒューマンアカデミーで取得する

  3. ishijimu10

    医師事務作業補助者

    医師事務作業補助者になるにはの最も効率的な方法について

  4. co6

    福祉住環境コーディネーター

    福祉住環境コーディネーターのスクールの正しい選び方とは

最近の記事過去の記事

介護職員初任者研修過去の記事

介護職員初任者研修を働きながら

介護職員初任者研修を働きながら合格できます

「働きながら介護職員初任者研修を修了できる」環境というのは、仕事をしている方には結構大事な…

医療事務過去の記事

医療事務は難しい

医療事務は難しいと考えている方へのアドバイス

医療事務は、医療と事務で難しいのではないかと思っている人がいるかもしれません。 確か…

介護事務過去の記事

介護事務は通信

介護事務は通信で勉強しよう

介護事務になるために、様々な勉強をして介護や事務の勉強をしていきますが、その時に通信講座を…
  • 医療事務

    女性の人気ナンバー1と言っても過言でない程の人気の資格ですね。勿論、男性の有資格者も沢山いらっしゃいます。なぜ、特に女性に人気なのか?やはり、就職のしやすさと家庭との両立があると思います。世間が不景気でも病院にかかる人は一定数います。そして、病院の数はコンビニエンスストアの2倍といわれるほどの数になります。つまり、医療事務のニーズはとても安定していて就職がしやすいのです。さらに、働く時間もかなり柔軟に選ぶことが出来るので子供が小さいときは午前中だけとか子育てが落ち着いてきたらフルタイムなど選べることも魅力です。事実、医療事務で働く女性の年齢構成は20代から40代まで満遍なく分布しています。一生使える仕事ですし全国どこでも必ず需要があります。プライベートも家庭もキャリアも大切にできるのが医療事務という資格の魅力といえるでしょう。
    医療事務の詳細はこちら>>

    介護事務

    高齢化に伴い介護サービス利用者が増え続けてます。施設も多くなり、介護事務の需要は増えるばかり。そこで、介護事業には欠かせない介護報酬請求業務のできるスペシャリストは高いニーズがあります。介護事務は特に受験資格は必要なく比較的受かりやすいことからも人気が上昇しています。さらに、正社員という働き方だけでなくパートや派遣社員という働き方もあるので自分のライフスタイルに合わせることが出来るのも魅力です。勿論、介護施設は全国にあるので働く場所にも困りません。介護業界は慢性的な人で不足が深刻化しています。キャリアアップを考える上でも取得しておきたい資格といえるでしょう。
    介護事務の詳細はこちら>>

    社会福祉士

    福祉について専門的な知識を持つスペシャリストの資格となります。そのため、民間企業だけでなく行政などでも需要の高い資格です。受験資格としては大学等で指定科目を履修した方、一般養成施設・短期要請施設を卒業した方となりハードルが高いのも事実です。そして、試験範囲が広く合格率も20%前後となりそれなりの試験対策をする必要があります。そのため、通学や通信講座で勉強をする方が最短といえる資格でもあります。国家資格ということもありスペシャリストとしてのステータスも高く就職先も多岐にわたることから難関といえども取っておきたいと思える資格となります。
    社会福祉士の詳細はこちら>>

    介護福祉士

    介護のプロ中のプロと絶大なる評価される国家資格が介護福祉士です。受験資格として3年以上の実務経験もしくは、福祉系高等学校の卒業を満たす必要があります。今後、介護を必要とする人の増加は確実で需要は増すばかりの資格となります。そのため、有資格者は昇給や待遇アップなども大きく期待できますし転職や子育てでひと段落してからの再就職などでも大きく有利になります。しかし、2016年度からは450時間の研修を受講していることが受験資格に加わります。そのため、介護福祉士を目指すのなら今がまさに狙い目といえます。
    介護福祉士の詳細はこちら>>

    チャイルドマインダー

    画一的な保育ではなく、少数保育のスペシャリストとして注目度が上昇してる資格です。保護者との信頼関係を築くためのコミュニケーション能力、子供の一つ一つの行動の意味するところに気がつく観察力と知識、そして子供の安全と健康に責任感を求められるなど保育の質の向上を追求していく資格です。少子ということもあり、1人の子供に対する保育熱が高まっている現在、ニーズが増すばかりの資格でもあります。民間への就職だけでなく自宅での開業も見えてきます。質の高い保育を求められている現在ではこの資格を有する人材の需要は極めて高くなってきています。
    チャイルドマインダーの詳細はこちら>>

    医師事務作業補助者(医療クラーク)

    医師の事務負担を削減するために医師の指示のもとで診断書などの文書作成や処方箋の作成、検査予約などを行う医療の質の向上に貢献するスペシャリストとなります。医療秘書やメディカルクラークなどとも呼ばれています。医師事務作業補助者には特に受験資格はないので比較的取得しやすく人気の資格です。医師、看護師、他の事務職員との連携も求められる重要な仕事のためコミュニケーション力が求められます。人の役に立っていると実感できるのがこの資格の魅力とも言えるでしょう。
    医師事務作業補助者(医療クラーク)の詳細はこちら>>

    福祉用具専門相談員

    車いす、介護用特殊ベッド、入浴用リフトなど介護保険を適用しての福祉用具を選定する際に適切な用具の選定・調整をし使い方などのレクチャーも行うスペシャリストの資格です。利用者様の生活に密接にかかわる用具を扱うためこの有資格者に対するニーズは高まっていますし責任感も重大です。そのため、介護保険の指定福祉用具貸付事業所には2名以上の配置が義務付けられているほどです。高齢化社会の中で、用具の専門家として活躍の場が広がる資格と言えます。
    福祉用具専門相談員の詳細はこちら>>

    福祉住環境コーディネーター

    高齢者の方や障害者の方が安全に暮らせる住まいを提案する資格です。そのため、医療・福祉関係だけでなく建築や住宅関連の業界でもニーズが高まっています。仕事先としても病院や福祉施設だけでなく公共施設や設計事務所に工務店などまで広がります。介護が必要な方や車いすの方など住環境の必要性がそれぞれ異なるなかで、最適のリフォームなどを提案できるやりがいもありますがそれだけ責任も大きくなります。住まいに関する知識はもちろんのこといかに過ごしやすい環境を提案できるかというやりがいも大きな魅力となっています。
    福祉住環境コーディネーターの詳細はこちら>>

    調剤事務

    調剤報酬請求事務を中心とした専門的な技能が必要とされる調剤薬局事務のお仕事。調剤薬局の数の増加と共に処方箋受付の数も年々増加し調剤事務のニーズも高まっています。自宅の近くにも調剤薬局は多数あることが多いので働く時間も選びやすく家庭も仕事も両立できる強みがあります。また、学習範囲も限定されているため難易度もそれほど高くないことも人気の理由です。無理なく資格を取得し自分に合った時間で働きたい方にはオススメと言えます。
    調剤事務の詳細はこちら>>

    ガイドヘルパー(移動介護従事者)

    外出介護員とも呼ばれ、視覚障害、全身性、知的障害等により1人では外出が困難な方が安全に出かけることが出来るように移動介護サービスを提供するための資格です。高齢者の方や障害を持っている方であっても外出は生活上必要不可欠なことです。そして、高齢化により外出困難な方は増加の一途となっております。そのため、外出サポートできる人の需要は高まっておりガイドヘルパーの役割は今後も大きくなると思われます。
    ガイドヘルパー(移動介護従事者)の詳細はこちら>>

    メンタルヘルス・マネジメント

    様々な職場で今、心の健康の維持・回復が求められています。そのような中、心の健康を扱うプロフェッショナルとして注目されているのがメンタルヘルスマネジメントの資格です。働く人の心のケア及び健康管理などの幅広い活用が出来る実践的スキルとなっています。労務管理の職場や管理職を目指す人にもニーズの高い資格であり持っておきたいスキルとなっています。
    メンタルヘルス・マネジメントの詳細はこちら>>

    歯科医療事務(歯科助手)

    歯科医院の会計だけでなく診療現場でのアシスタントもこなすのが歯科助手。コンビニよりも多いと言われる歯医者さん。身に付けたスキルは全国どこでも通用します。そして、歯科助手はフルタイムだけでなく勤務日や時間を選びやすいということもあり家庭との両立を大切にしたい女性に大人気の資格となっています。ニーズも多くあることから働く場を選びやすいこともあり持っておきたい資格となっています。
    歯科医療事務(歯科助手)の詳細はこちら>>

    ケアマネジャー

    介護職のキャリアアップを考えるなら持っておきたい資格となります。介護を必要とされる方が介護保険制度を利用して自立した生活が出来ることをサポートする介護保険制度の知識と被介護者そしてそのご家族をトータルでケアすることが出来るプロフェッショナルの仕事です。ご利用者様、自治体、サービス提供者の間を取り持つ極めて責任感そしてやりがいを感じることが出来る職業です。2015年からケアマネの試験制度が変更される予定となっており受験資格と試験内容がさらに難しくなります。今のうちに取っておきたい資格とも言えます。
    ケアマネジャーの詳細はこちら>>

    手話通訳士

    聴覚障害者の方と健常者とのコミュニケーションをつなげる専門職です。話の内容を通訳するためには聴覚障害についてだけでなく社会福祉そして日本語能力なども高度に求められるプロフェッショナルである必要があります。合格率も30%程度狭き門になっています。極めて専門性の高い職業であるためやりがいも大きい職業でもあります。
    手話通訳士の詳細はこちら>>

    ペットロスカウンセラー

    家族の一員として生活しているペットを失った時の飼い主の悲しみはかなり深い痛手となります。このような精神的に深く傷ついている方への適切なケアとカウンセリングを行うことがペットロスカウンセラーの仕事となります。日本ではまだ認知度の低い資格となっていますが、人口が減る中でペットの数は増えています。今後、ペットロスカウンセラーの需要はますます増えていくことが予想され活躍の場も広くなっていくと期待されています。
    ペットロスカウンセラーの詳細はこちら>>

    チャイルドカウンセラー

    不登校、いじめ、非行など厳しい状況下におかれている子供の心をケア出来るスペシャリストとしての資格です。職場として学校だけをイメージされるかもしれませんがそれだけではありません。小児科や児童福祉センターそして子供を持つ社員さんの悩み相談などで企業でのニーズも高まっています。お子様の気持ちを理解ししっかりとケアするだけでなく親御さんや教師その他の関係者との連携も求められる専門性の高い職業です。コミュニケーション能力の高さや相手の気持ちを理解する洞察力、ちょっとした変化を見逃さない観察力など幅広くスキルを向上させる必要があります。
    チャイルドカウンセラーの詳細はこちら>>

    リトミック

    音楽のリズムを通して主に0歳~4歳の子供を対象とし感性や想像力に表現力、集中力を養うスイス生まれの音楽指導法です。子供を対象にしているゆえに、発達心理学、ダンス、芸術や音楽など幅広い要素の知識を得ることが求められます。リトミックは現在、注目を集めており音楽教室や幼児教室にカルチャーセンターなど活躍の場は広がってきています。子供が好きなことは勿論のことその個性を見極める観察力も必要となる資格です。
    リトミックの詳細はこちら>>

    高齢者コミュニケーター

    高齢者の方と円滑にかつ深いコミュニケーションが出来る技術を身につけるための資格です。特に介護の現場では、高齢者の方との絶対的な信頼関係が必要となります。そのためには、相手の気持ちを理解しかつ言葉も気をつけなければいけません。聴き方や話し方は当然ながら相手を気遣う気持ちも大切になってくるため総合的に知識と実践ノウハウを身につけるための資格です。
    高齢者コミュニケーターの詳細はこちら>>

    アクティビティインストラクター

    要介護のお年寄りや障害のある方へ芸術や遊びを使いコミュニケーションを通して充実した生活の質を高めていく専門家となります。生活や背景の異なるシニアの方一人一人としっかりとした信頼関係を結びアクティビティを通してよりよい生活を過ごしてもらう場を提供するやりがいのあるお仕事です。そのやりがいから、現在とても人気の出てきている資格となっています。
    アクティビティインストラクターの詳細はこちら>>

    メンタルケアトレーニング

    激しいストレスが避けられない現代社会。特に職場ではうつ病などが増加の一途をたどり大きな社会問題となっています。このような環境の中で、心の健康を保つ大切さが注目を集めています。メンタルケアトレーニングにより環境の変化に柔軟に対応できて安心感のある生活を送れるようになります。
    メンタルケアトレーニングの詳細はこちら>>

    音楽療法士

    認知症の高齢者、精神障害の方、脳性まひや小児まひに自閉症者などの方へ音楽の持つ働きを用いて心身の回復維持改善に役立てるお仕事です。音楽を聞かせてあげるだけでなく歌わせたり楽器を演奏させてあげたりなど対象者に合わせてきめ細やかな対応が求められます。音楽を通して障害のある方のリハビリの手助けや生活の質を向上させる専門家として注目を集めている資格です。
    音楽療法士の詳細はこちら>>

    ベビーマッサージ

    親御さんとお子さんがマッサージによるスキンシップを通してお互いの信頼関係を高めさらに子供の運動機能や内臓機能を発達させることを目的としています。マッサージのスキルだけでなく子供の身体の仕組みや発達についての知識など幅広い知識と実践スキルが求められます。様々なタイプの親と子供に対してベビーマッサージを指導するために優れたコミュニケーション能力も求められる仕事です。
    ベビーマッサージの詳細はこちら>>

最近の投稿

ページ上部へ戻る